婦人

お得が詰まった格安ホテル|早期予約で確実に泊まれる

  1. ホーム
  2. 飛行機を利用する

飛行機を利用する

飛行機の模型

航空券にはどのような種類があるのか

普通航空券とゾーンペックス航空券、そして格安航空券です。まず、普通航空券です。これは高価にはなりますが、時期がピークを迎えても席の確保が容易であったり、出発日も含めてすべての区間で日時や航空会社の変更が可能になったりします。次に、ゾーンペックス航空券ですが、これは各航空会社が運賃を決めた割引航空券です。往復利用するにはもちろん同一航空会社限定で、取り消しなどには手数料がかかり、他の制限がキツくなりますが、比較的安く手に入れることができます。次の格安航空券とは、現在主流になっている航空券です。もともと団体用の航空券をバラして売っていることもありかなり安く手に入れることができます。しかし、ピーク時には値段がかなり差が出ます。

格安航空券はいつ買うと最も安いのか

格安航空券と言っても、購入時期によって価格は変動します。そこでチケット検索サイトの統計を分析すると、出発から34日前に予約すると最も値段が抑えることができることがわかりました。航空券は出発7日前になると3割、もしくはそれ以上の値段が上乗せされた値段になります。もともと安い航空券を販売している航空会社ではこの傾向は強いことがわかっています。しかし、早ければいいということもなく、半年前に予約するよりプライム予約が可能な時間帯に予約する方が安く済むということもわかっています。また、曜日も大切なようで火曜日、木曜日、土曜日の航空券は最安値で販売されているようです。このように安めの条件も含めることで最も格安で済む格安航空券が手に入ることになります。